うみたん

ゆるゆるウミウシを育てるゲーム

「うみたん」は画面上に出てくるウミウシをゆるゆる育てていくというゲームです。

ゲームを始めたばかりの時にはウミウシのサイズはかなり小さく、よく探さないと見つからないくらいの大きさをしています。

そこでエサやりをしたりして世話をしていくと少しずつ体が大きくなっていくので、適当な頃合いを見計らって「産卵」を促していきます。

うまくいくと他のウミウシを探して子供を作ってくれるのでそれでどんどんウミウシの世代交代をしていくことができます。

新しく産卵をして生まれてくるウミウシの種類は自分で選ぶことはできませんので、偶然で新しい種類が出来上がるのをじっと待つというところにこのゲームの醍醐味があります。

ホーム画面からはウミウシ図鑑を見ることができるので、そこで現在の達成度を確認するとともに過去に世話をしたウミウシの姿を思い出すことができます。

基本的なゲームの流れとしては最初にスタートを押すと画面に砂地とゆるい波の様子が映しだされてウミウシが通りかかったことを知らせるメッセージが出ます。

そこで各メニューを使ってお世話をしていくと少しずつ大きさが増えて形がはっきり見えるようになるので、そこで産卵チャレンジをしていきます。

うまくいって子供ができると以前のウミウシと交代になるので、また最初からと同じことを繰り返します。

緊張感ゼロの雰囲気がまたよい

「うみたん」は他の育成ゲームによくあるような他のユーザーとの交流やバトルといった要素は一切ありません。

ただひたすらに画面に映し出される砂と波の間に漂う自分のウミウシを眺め育てていくという方法で進めていきます。

ゲーム中のBGMも波の音しかしないという徹底ぶりで、さまざまな機能を盛りだくさんに入れ込む最新式アプリゲームと全く逆の方向性で作られていることがわかります。

しかしただの作業ゲームかというとそういうわけでもなく、ゲーム最大の山場になる産卵ではきちんと育てて適当な大きさになるまで行うことができませんし、仮に産卵できる体になったとしてもすぐに他の個体と出会って子供ができるわけではありません。

産卵をするときには近くに他のウミウシが来てくれるのを待ち、チャンスが来たら自分からアタックしに行くのですがこれがかなりの割合で失敗します。

ですので挫けず何度も頑張って生まれてきたときには本当に親になったように嬉しくなります。

ウミウシのイラスト自体も全くキャラクター要素がなくのっぺりとした本物に近いナメクジのような形をしたものでしかありません。

この地味さに波長が会うかどうかという点がこのゲームの面白さを理解できるかの分かれ目になります。

個人的にはゆるゆるまったりと進むこの雰囲気は決して嫌いではないので、ちょっとした空き時間や自宅で水槽を置くことができないという人などには特にオススメをしておきたいです。

Comments are closed