すいぞく館~魚を育てる楽しい育成ゲーム~

自分だけの水族館を作るゲーム

「すいぞく館~魚を育てる楽しい育成ゲーム~」はちょっと珍しい自分で魚を育成するというタイプのスマホゲームです。

画面を通して稚魚から成魚になるまでの育成をしていくことになっており、育てた魚が増えてくると水槽の中の様子も賑やかになるので自分だけの水族館になっていくという嬉しさがあります。

ですがこの「すいぞく館~魚を育てる楽しい育成ゲーム~」にはその続きがあり、魚を育成したあとの最後にはその魚を「出荷」するという流れが用意されているのです。

つまり十分に大きくなった魚を出荷するとその魚は飲食店で提供されることになるのでその売却費用がユーザーには支払われることになります。

この売却費用はゲーム内で使用することができるお金になるのでそのお金を使ってまた次に育成する稚魚をどれにするかということを選んでいきます。

ですので稚魚の育成から水族館での展示をして売却をしてからそのお金で稚魚を買うというループでゲームを進めていくことができ長く続けることによりさらに水族館は賑やかに、珍しくて高く売れる魚を育てていくことができるというわけです。

わがままなお魚たちを育てていきましょう

魚を育てる時のお世話は大きく「エサやり」と「掃除」があります。

「エサやり」では数種類の餌が用意されているので、その中から適当なものを選んで水槽の中の魚にあげていきます。

このとき魚の種類によって好きな食べものと嫌いな食べ物があるので、嫌いなものを与え続けてしまうと魚の成長が悪くなったり病気になってしまったりします。

また水槽の内部をこまめに清掃していかないと同じように水質が悪くなって成長が悪くなったり病気になったりということが起こってきます。

病気になった魚に対しては「注射」をするなど対策をしていかないと死んでしまったりします。

これが少ないうちはまだ楽なのですがゲームが進んで魚が多くなってくると管理も面倒になり、せっかく高いお金を出して買った魚が台無しになってしまったりします。

このバランスをとりつつ魚を大きくしていくということが一番このゲームの難しい点となっています。

やりこみをするとかなりたくさんの種類の魚を一度に育てることができるのでその域に達するまでのがまんもまた楽しいところです。

魚の成長を助けたり水槽の中をもっと賑やかなものにするアイテムも販売されており、それを集めていくことでまたゲームをする楽しみが広がります。

成長に従って見た目にが変化していく魚に注目

ゲーム内の魚は大きくなっていくにつれて見た目が変化するという機能もついています。

実在の魚の通りに大きくなっていくものもありますが、レアな魚になってくるとかなり珍しくて面白い形状になっていったりします。

ゲームの設定ではユーザは水族館の館長さんということで、自分の館をどんな方向のものにしていこうかということを考えることも主旨の一つです。

最初のうちは必死に育てた魚が無残に海鮮丼にされていくのを寂しく思ったりするものですが、続けていくと次第に稚魚を買った瞬間から「どうやってまるまる太らせようか」ということを考えるようになっていくから不思議です。

Comments are closed