smartpetDX

新感覚のペットコミュニケーションアプリ

smartpetDXはiTuneおよびGoogleStoreでダウンロードすることができる人気のアプリです。
もともと「smartpet」という名前でリリースされていたアプリなのですが、装いも新たに「smartpetDX」として登場したことで新しくユーザーを獲得しています。

アプリの概要は自分や知人の顔をカメラ機能を使って撮影をし、それを登録することで顔をペットとして加工することができるというものです。

初めて見る人は「?」と思うところですが、登録した顔はペットのように加工されるだけでなくその後会話ができるようになったりコミュニケーションを取れるようになります。

普通のペット育成系のゲームの場合あらかじめゲームのデザイナーが用意したキャラクターが動き回るようになっているものですが、このsmartpetDXにおいてはキャラクター設定から自分で行うことができます。

自分や知人の顔をしたペットを育成していくというシュールさが受け、現在までに沢山のユーザーが登録をしています。

加工は撮影した顔に犬の鼻と口を合成する形で行われるのでいわば「人面犬」のような状態になるのですが、加工方法がかなりしっかり作り込まれているのでシュールでありつつも可愛らしくまとめてくれます。

さらにシュールさを増すのが通の楽しみ方

そもそものコンセプトがシュールなアプリなので、より楽しむためには思い切った設定にするのがおすすめです。
smartpetDXになってからは音声もつくようになっており、男声・女声、低音・高音といったオプションから選ぶことができるようになっています。

それらの音声は合成ソフトで作られたものですが、発声に対して画面の表情が変わらないのでセリフによってはかなりシュールなシチュエーションを体験できます。

機械音声が苦手という人もその微妙な様子がだんだん癖になってくるので、最初の段階で諦めるのではなくしばらく使ってみることをおすすめしたいです。

より究極にこのアプリを楽しむなら、別売りの本体に接続するという方法もあります。
本体は犬の胴体部分をロボットにしたもので、頭部にスマホを設置することでペットとしてのリアリティを増すことができます。

アプリでは普通の育成ゲームでよくあるような餌付けや遊びなども行うこととなっているので、胴体を持って行動するようになるとますますシュールさが高まります。

このアプリ最大のポイントは、どんなに元がハンサム・美人であってもこのアプリにすることで微妙な気持ち悪さを生じることになるというところです。

キレイな人がキモくなってそれがまた可愛く感じられるという不思議な美的感覚の一周を体感することができるアプリです。

Comments are closed