シーマン(1999~)

今は発売が停止されてしまいましたが、かつてセガからは「ドリームキャスト」と言うゲーム機が発売されていました。
このドリームキャストは、当時販売されていたセガサターンというゲーム機の進化型と言われ、華々しく販売されたゲーム機でした。
当時セガの本部長であった湯川英一氏が、自ら「湯川専務」としてCMに登場。
ライバルであったソニーからわざわざ許可を取り、「プレステの方がおもしろいよなー」などと言うせりふをCM中に登場させたことが評判となり、世間からの注目も集まりました(ちなみに、このCMの元ネタを考えたのは、AKB48の仕掛け人である秋元康氏)。
ジャニーズから、人気アイドルの滝沢秀明さんもCMに参戦。

しかし、そんな物凄い注目を集めてデビューをしたにも関わらず、ドリームキャストはプレステ2に完敗。
ドリームキャストが販売された当時、新しい機体が販売されると、古い機体にに対応していたソフトは使えないと言うのが一般的でした。
ドリームキャストもその流れを汲んで販売されましたが、プレステ2は旧機体のソフトも使用することができるなど、画期的なシステムを搭載しての販売となりました。
また、爆発的に人気が出る様なソフトが恵まれなかったこともあり(当時大人気だったドラクエ、FFシリーズもプレステでの販売となりました)、結果として市場を撤退することになったのです。

しかし、ドリームキャストは一部のマニアからは高い人気があり、売れたソフトもあります。
スペースチャンネル5などは、普段ゲームをやらない層からも高い支持を得たソフトです。
その中のひとつが「シーマン」。
人の顔をした魚を水槽で飼うと言うもので、専属のマイクを使えば、簡単な会話をすることができるというゲームです。
子供から大人へと成長していくのを見ることができるのも、このゲームの特徴でしょうか。
このシーマン、外見が可愛くないばかりか、返ってくる言葉と言えば悪態ばかりなのですが、やりとりがなぜか癖になり、もともとゲームが好きな層以外にも人気が拡大しました

これは子供のシーマンですが、実際に見ると「可愛くない」と言った私の気持ちが解っていただけると思います・・・。
返ってくる言葉が悪態ばかりなのが、余計に面白いのですよね。
ドリームキャストの中でも、シーマンは爆発的なヒットを出したソフトのひとつで、今でもファンがいるほど。
私は、販売当時にドリームキャストを持っていなくてシーマンをできなかったのですが、後から「やればよかった」と思うのですよね。
何らかの形で、シーマンを体験してみたいなと思ってる私です。

参考サイト
ドリームキャスト(wikipedia)
攻略!シーマン~禁断のペット~

Comments are closed