マイ・トーキング・トム(My Talking Tom)

オリジナルアニメも製作されている人気アプリ

マイ・トーキング・トム(My Talking Tom)は、世界135カ国で人気ランキング第1位を獲得したこともある有名な育成アプリです。

画面を見ればすぐわかるように、アメリカンアニメーションのテイストが強い3Dアニメーションによってアプリは構成されています。

動きが非常に滑らかなのでアメリカのアニメ作品を見ているような楽しさがあり、一つ一つの場面で見せる猫達の表情が多彩なところが特長です。

アプリの人気の高さもあって波及商品としてLINEスタンプもあり、世界観をまるごと楽しむことができて、同じファンの人達とも交流しやすくなっています。

もちろんゲームそのものの完成度もかなり高く、アプリの評価が4.5を超えるというかなりの数値です。
Youtubeにはマイ・トーキング・トム(My Talking Tom)の裏側を描いた短編アニメーション作品もアップされており、それを見ることでますますアプリを楽しんでプレイできます。

アプリはiTuneおよひGoogleStoreの両方からダウンロードlすることができ、機種を選ばず多くのユーザーが利用できるのも嬉しい点です。

主なユーザーは20代の女性層で、2017年の現在もなおユーザー数を増やしアプリ本体のバージョンアップも定期的に行われています。

赤ちゃんネコを大人になるまで育てる

マイ・トーキング・トム(My Talking Tom)の基本的なテーマになっているのは、子猫の状態から育成を開始し成猫になるまでのお世話するということです。

最初に子猫の名前をつけ、そこから餌をあげたり身の回りの世話をしてあげたりしてその成長を見守ります。
育成する途中で毛皮の色を変えたり、アクセサリーをつけかえたりといったことも自由にできるので、好みのネコになるようにしていく楽しみがあります。

またゲーム内にはミニゲームとしてイベントが10種類以上もあり、単調になりがちなゲームを飽きずに続けていくことができます。

自分の育てている子猫の様子を撮影して胴がとして公開することもできて、同じユーザー同士で見せ合うというのもまた続けて面白みのあるところ言えます。

他の育成ゲームと全く違った特長といえるのが育てるネコの「トム」の行動の変化で、くるくると変化する動作や新しく覚える芸や言葉に引き込まれていきます。

トムとコミュニケーションをとっていくこともでき、話しかけるとそれを何度も繰り返したりして会話が成り立つようにもなっていきます。

育成に成功すると単なるペットの枠を超えたリアリティのある友人のような感覚にもなるので、ぜひ信頼関係を築いて楽しいおしゃべりをしていってもらいたいです。

Comments are closed