まずはバーチャルペットについて

バーチャルペットと言うのは、簡単に言えば「コンピューターのプログラムによって動くおもちゃ」のこと。
パソコンの中で魚を育ててみたり、犬を育ててみたり・・・と言うのがバーチャルペットです。
以前は、バーチャルペットと言うと「パソコンの中で動いている動物を見る」などのものが一般的でしたが、近年は「パソコンや携帯ゲームの中にいる動物の世話をすることで、成長させる」などの要素が加わり、この点が非常に人気となりました。

ただ眺めるだけでなく、食事の世話をしたり、トイレの掃除をしたり、こういう「育てる」「世話をすることができる」と言う遊びの部分があることが、バーチャルペットの良さ。
そして、自分で実際にペットを飼って飼育する訳ではなく、「あくまでゲームである」と言うことも、バーチャルゲームの良さです。

ここで、私が思うバーチャルペットの良さについて挙げてみましょう。

私は自宅で子猫を飼育しています。
友達のところで生まれた子猫を、「数が多すぎるから」と言う理由で譲り受けました。
まだ手のひらに乗るくらいのサイズだった子猫に、スポイトを使ってミルクをやり、部屋の温度管理をし、病院に行って予防注射をし・・・どれも、私にとってはとても楽しい作業です。

だけど、「これは私が家族と同居していて、私が仕事で忙しい間は母が子猫の面倒をみてくれるから、飼う事ができているのだ」と思うこともあります。
ペットはとても可愛いですが、手間もかかるもの。
うちの子猫はトイレのしつけも大変だったし、エサも最初に買ってきたものは食べなかったし、まず環境を整えてやることが大変でした。

うちには家族がいたし、実際に猫を飼ったことがある人がたくさんいたから何とかやれましたが、これが1人暮らしの人だったら難しいのではないかと・・・。
だけど、1人暮らしをしている人の中にも、ペットを飼いたいという人がいるのではないかと。

そんな人にぴったりなのが、バーチャルゲームです。
バーチャルゲームは、基本的に持ち歩くことができるものばかりですので、仕事の休憩時間や外出中にお世話をしてあげることができますよね。
バーチャルゲームですから、もちろん動物アレルギーも関係ありません。
小さな子供でも、ちゃんとお世話をして可愛がることができるし、手軽にペットを飼う事ができるアイテムとして、バーチャルゲームは手ごろで良いなと思います。

ここで、色々なバーチャルゲームを見てみましょう。

Comments are closed