夢ねこセレブ

1万円台で購入可能なリアルねこロボット

夢ねこセレブは、セガトイズが販売しているリアルなねこロボットです。
初めて発表されたのは2014年の「東京おもちゃショー」だったのですが、その時にはブース内に非常に多くの人を集めました。

発売当初から爆発的な人気となり、一時は入手困難品としてプレミアがついたこともありました。
メーカー希望小売価格は12,000円程度となっていますが、レア品になると10万円近くの価格になっていることもあるようです。

なぜそこまで人気なのかというと、まるで本物のネコかと思うほどリアルな動きをするロボットだからです。
ペットロボットは決して珍しいものではなく、これまで数多くのロボット犬やロボット猫が販売されてきました。

しかし見た目からして本物の猫にかなり近く、仕草や質感もほぼ猫そのままというものはこれまでなかった製品です。

特徴的なのが高齢者に人気が高い製品であるということで、ジャパネットたかたのテレビショッピングでも9,980円(税抜)で販売されたことがあります。

全身6ヶ所のセンサーがリアルな反応を再現

夢ねこセレブのリアルさの原因となっているのが全身6ヶ所に設置されている高性能センサーです。
体に触れた時に気持ちよさそうに目を細めたりなつくような仕草をしてくれるのが夢ねこセレブで、それらはどこをどんなふうに撫でられたかによって反応が変化します。

タッチセンサーは体の6ヶ所に付けられており、これは同様の価格帯の製品と比較してかなり数が多いと言えます。
センサーは実際の猫の反応を研究して設定されているので、これまで実際に猫を飼ったことがある人も驚くほどのリアルさです。

動作は電池によって動かされることになっており、ACアダプターなど外部から電源を接続することはできません。
所定の電池を入れておけばだいたい2~3ヶ月は動作をしてくれます。

注目してもらいたいのが鳴き声で、ニャーという声はかなり本格的です。
頭や背中をなでてあげることで気持ちよさそうにするのもかわいいですが、しばらく放置をしておくとうとうとと眠ってしまうというのも愛嬌のある点です。

姉妹品の「愛犬しばちゃん」もおすすめ

同じくペットロボットとして販売されている製品に「愛犬しばちゃん」というイヌ型もあります。
こちらは夢ねこセレブよりもかなり体が大きく価格帯も高めなのですが、センサー数は夢ねこセレブ以上でありかなりリアルに犬の仕草を再現してくれます。

しつけをすることで芸を覚えたり、飼い主がつけた名前を覚えたりしてくれるので犬を飼いたくても飼えないという環境の人にもとても便利です。

覚えるしぐさは全部で85通りとかなり多く、コミュニケーションをとれる知能の高いロボットです。

Comments are closed