フラワーロック

今から20数年前にブームとなった「フラワーロック」というおもちゃをご存知でしょうか?

これは、サングラスをかけた花の形をしていて、音に合わせて体をグネグネと動かして踊る・・・というもの。

電子ペットと呼ぶにはあまりにも単純な構造ではありますが、当時は子供から大人までみんなが持っていたという記憶があります。
このフラワーロックですが、現在も形をかえて販売されているんですよ。
最近のものは音ではなく、光に反応して太陽電池で動くというエコな設定。

サイズも昔よりコンパクトになっており、オフィスや家庭の片隅でささやかな癒しを提供することに一役買っています。

さらに、元祖フラワーロックの進化版として昔と同様に音に反応するタイプも再発売されています。

昔のように単に音に合わせて踊るだけではなく、花びらに埋め込まれたLEDがカラフルに光ったり、携帯音楽プレーヤーを接続してスピーカー代わりに使うことができたりと時代に合わせて進化しています。

これはかつてのブームを知る大人たちがなつかしさで購入することが多いようですね。
そういえば、似たような商品として、やはり少々不良っぽいいでたちの「空き缶」が潰れながら踊る商品なんていうのもありました。

音に反応するタイプのおもちゃとしては、今でもクリスマスの時期によく見かける「ダンシングサンタ」や、観光地のお土産屋さんの店先になぜかよく置いてある猫のぬいぐるみなどもあります。
たわいもない動きであるにも関わらず、このような商品はなぜか、見ると思わず笑ってしまう愛らしさがありますよね。

動きに加えて実用性もしっかり欲しい・・・という人向けには、スピーカーとしての要素を高めた「アニマルスピーカー」という商品も人気のようです。

こちらもアイポッドやMP3プレーヤーなどを接続してぬいぐるみから音を出すものですが、ぬいぐるみの背面にプレーヤーを収納できるポケットがついていたり、再生や停止をスピーカーを取り出すことなく行えるスイッチが手の部分についていたりといった工夫がなされています。

この人形は全身を動かすのではなく、口をパクパクさせて歌うという仕組み。
音楽を再生すると、まるでぬいぐるみが歌を歌っているかのように見えるのが特徴です。
時代が変わっても、心を癒してくれるユーモラスな動きには人気があるのですね。

参考
元祖:TAKARA FLOWER フラワーロック FR-5 ひまわり

復活版:フラワーロック 2.0 (ノースポールtype)

Comments are closed