パロ

「メンタコミットロボット」として誕生したパロ

白いアザラシの形をした、小さなロボット。
アザラシは小さい時、ふわふわの毛に包まれているのが特徴で、それが独特のかわいらしさを持っています。
メンタコミットロボット・パロは、そんなアザラシの形をしているロボットのこと。
アザラシの形をしたこのメンタコミットロボット・パロは、「人と共存する」ということを目標に作られたロボットです。
かわいらしい外見をしているのも、まず人が手に取って抱きしめたくなるからこそ。
では、どうしてこのメンタコミットロボット・パロが誕生したのかをみていきましょう。

「アニマル・セラピー」を参照したメンタコミットロボット・パロ

皆さんは、「アニマル・セラピー」というものをご存知でしょうか。
アニマルセラピーとは、動物と一緒に生活をすることで人の気持ち癒されたり、楽になったりすることを目的としたものです。きちんと医療行為として認められているものもあります。
動物と一緒に暮らすことで感じることができる「癒し」は、私たちにとってリハビリの様なものになり、だからこそ非常に大きな効果があると言われています。
そんなアニマル・セラピーと似たような効果を得ることができるように、このメンタコミットロボットが開発されたのです。メンタコミットロボットが開発された経緯には、このようなものがあったのですね。

メンタコミットロボット・パロの広がり

外見のかわいらしさとこの機能から、メンタコミットロボット・パロを導入するという事例はまちがいなく増えています。海外にも導入されていることが解っていて、今後も多くの場所でメンタコミットロボット・パロは人を癒していくはずです。
介護施設や子供に関する施設では、このメンタコミットロボット・パロがセラピーの様な役割を果たし、心をいやすという役割を担っているそうです。
この様に、多くの場所で支持されているメンタコミットロボット・パロは、今後もどんどん幅広く利用されていくでしょう。
今は家族も核家族化し、母親が働きに出ることも多くなっていることから「一人暮らしのお年寄り」「一人の時間が多い子供」も増えています。だからこそ、メンタコミットロボット・パロのようなロボットの需要が高まると考えていいのではないでしょうか。メンタコミットロボット・パロは、今後もどんどん色々なところで活躍をしていくはずです。
メンタコミットロボット・パロの今後を知りたいですね。

Comments are closed