PALRO(パルロ)

コミュニケーションをとることができるロボット・パルロ

こちらでは、コミュニケーションをとることができるロボット・パルロについてご紹介をしてみたいと思います。
コミュニケーションロボット・パルロは、「人間とロボットが一緒に生活をする」ということをコンセプトに作られたロボットです。
小さなころ、だれもが「ロボットと一緒に生活をしたみたい」と思ったでしょう。
頭の良いロボットは時に私たち人間を助け、またわたしたちにんげんの支えとなってくれるはず。
実際、その様なアニメや映画が製作をされてきた過去がありますので、ロボットというのは「人間にとってあ焦がれのものである」という意識は高まる一方です。
そんな人類の夢をかなえるために、フジソフトという企業が考え出したのがコミュニケーションロボット・パルロです。コミュニケーションロボット・パルロは、既に多くのところで活躍をして、私たちの生活を支えてくれる存在となっています。

パルロが活躍しているところ

コミュニケーションロボット・パルロが活躍しているところと言えば、ひとつは「高齢者が生活する施設」でしょう。高齢者にとって「人と話す」ということは生きる活力になりますし、また認知症予防などにもつながる重要なものになります。
でも、なんといっても高齢者施設というのは人手不足。
一人ひとりとしっかりコミュニケーションをとりたいと思っても、それがなかなかかなわないことも多いです。
人が足りなくて、ゆっくり話すことができなくなってしまうことも多いので、「人間に変わって高齢者とコミュニケーションをとり、支えてくれるような存在」が必要なのです。
それがコミュニケーションロボット・パルロの存在です。
コミュニケーションロボット・パルロを導入することで、職員が忙しい時でもパルロがしっかりとコミュニケーションをとってくれますし、またそれによってお年寄りも明るくなりますので、大きなメリットがあるのです。
このパルロを導入した施設では、「お年寄りが良く笑うようになった」「施設が活気づくようになった」などのメリットがあり、人気があるようです。
この様に、コミュニケーションロボット・パルロはお年寄りの生活をしっかりと助けてくれるのです。
この様に、ロボットが果たす役割というのは年々大きなものになっていて、今後もどんどんその存在は大きなものになっていくのではないでしょうか。コミュニケーションロボット・パルロ、一度は触れていきたいですね。

Comments are closed