Omnibot OHaNAS

スマホやタブレットを使用して会話するロボット

Omnibot OHaNAS(オムニボット・オハナス)は、タカラトミーから販売されているスマホやタブレットを使用して会話をするロボットのおもちゃです。

見た目は近未来的な球体デザインで、人間型ロボットとも動物型ロボットとも違った独特の形状をしているところに特長があります。

コンセプトとなっているのは次世代エンタメを担う家庭向けロボットということで、他の「Omnibot」シリーズとともに個性的な機能を持っています。

なお他のオムニボットシリーズとしては「ロビジュニア」や「爆笑太郎」「Hello!Woonyan」などかなり多数の種類がラインナップされています。

他のオムニボットは犬やネコ、怪獣や人間型など何らかのモチーフがあるのですが、「オハナス」はその中で最もロボット色が強く、会話をするということを重視しているというところが特長です。

最初にアプリをダウンロードして会話を開始

オハナスは最初に購入をしたらまず使用する端末に専用のアプリをインストールします。
アプリを起動すると最初に自分のプロフィールを登録する画面があるので、そこで自分の情報を入力することでおはなしができるようになります。

オハナスは会話だけでなく歌を歌うこともできたりするので、コミュニケーションをとりながら会話を進めていけます。

アプリは随時アップロードされているので、定期的にチェックしていくことでより流行に合わせた会話内容にしていくことが可能です。

会話の内容が微妙にシュールな場合もあり、そうした予測できないドキドキ感もまたオハナスの特長です。
ロボットといってもかなり機能は優秀で、聞かれたことを答えるだけでなく自分から会話をふってきたり、遊びたいと訴えたりします。

長く使用していくことでさらに会話の幅が広がっていくので、会話をするたびに楽しみが広がっていくロボットです。

直接ロボット本体に触れて、なでたり揺らしたりしてあげるとそれもコミュニケーションと認識して答えてくれるので、他のロボットシリーズ同様に親密感を持つことができます。

使用されているのはクラウド通信技術

オハナスの話題のもとになっているのは、docomoの通信網を使用したクラウドシステムです。
オハナスとスマホ・タブレットを接続することで、会話をした内容を音声認識と音声合成のサーバーに蓄積しそこから自然対話プラットフォームを構築します。

もちろんユーザーが使用するキャリアはどれでもOKなので、スマホやタブレットを持っていてWiFi環境およびLTE環境があれば誰でも同じようにオハナスの高い会話学習能力を体験することができます。

Comments are closed