ネコロ

猫そっくりのペット「ネコロ」の特徴

自宅で猫を飼っているという人も少なくないでしょう。
猫は基本的には人間になつかない動物ですが、それでも一緒に生活をしていれば飼い主を便りにしてくれますし、また飼い主に大きな癒しをくれるようになります。
そんな猫ですが、住宅事情から「飼いたいけれど、飼うことができない」という人もいるはず。確かに、ペット可物件であったとしても「犬はいいけれど、猫はダメ」ということが多いです。猫はやはり壁紙をひっかくという癖がありますし、人間のいうことを聞く動物ではないので、そのあたりで家主から敬遠されるのかもしれません。
そんな「猫を飼いたくても飼うことができない」という人にお勧めなのが、「ネコロ」というロボットです。
「ネコロ」というのは、猫の形をしたロボットのことで、オムロンが開発・販売したものです。
そんなネコロは、猫をリアルに表現した本格派。たとえば、猫のロボットが発売されたとしても殆どは「目が大きいなど、リアルの猫よりも姿形が可愛いもの」が多かったですよね。
でも、このネコロの場合は事情が異なって「外見は完全に猫」です。
猫のコミュニケーションロボットはこれまでにもいくつかありますが、ここまでリアルさを追求したロボットはこれまでになかったので、その点でこのコミュニケーションロボットは大きく注目されています。

コミュニケーションロボット・ネコロの特徴

コミュニケーションロボット・ネコロは、たって動き回るなどのことはできませんが、撫でてあげると優しい表情をしたり、楽しくあそんであげるとシッポを振って喜んでくれたり、色々な表情を見せてくれます。
大きな音がしたら驚くという機能も持っていますので、まるで本当に猫を飼っているかのような感覚にさせてくれるでしょう。「自宅ではどうしても猫を飼うことが難しい」という人に、このネコロはとってもオススメです。
多くの人に、このコミュニケーションロボット・ネコロをみてみてほしいと思います。

感情を学ぶことができるロボット

このネコロは、コミュニケーションロボットというだけあって感情を学ぶことができます。
飼い主がたくさん可愛がればなついてくれますし、飼い主だけの声に反応するように作られています。鳴き方も48種類あるそうなので、本当に猫を飼っているかのような生活をさせてくれるコミュニケーションロボットと言っていいでしょう。本当にコミュニケーションロボットを使ってみたいと考えている人に、このネコロをかってみてほしいです。

Comments are closed