メカニマル

メカニマルって?

これまでご紹介をしてきたのは、「ロボットが人間の話し相手になってコミュニケーションをとり、時にはアニマルテラピーの様な効果を得ることができるロボット」。
今は、この様に「人間の代わりにコミュニケーションをとり、人の支えになるペット」というものが本当に多く開発されています。
恐らく、この様なロボットの話を聞いたことがあるでしょう。
今は、ロボットが介護の世界で活躍することも珍しくなくなっていますので、そのことを考えればロボットと私たちの距離はますます短くなっていると言えるでしょう。
しかし、本当にロボットらしいロボットも開発されていて、こちらへにも注目をしていきたいですよね。ここでご紹介をしたいのが「メカニマル」というものの存在です。

メカニマルって何?

では、メカニマルとはいったいどの様なものなのでしょうか。
メカニマルというのは「メカ」と「アニマル」を掛け合わせた言葉で、まるで動物の様に動くメカという意味があります。さらに、「開発できる中で、特にスムーズな動きをすることができる」というものであることもポイントですね。このメカニマルが発売されてから、一揆に人気が出ました。
この様な「メカニマル」という意識は、やはりほとんどのロボットに共通して存在すると言えるでしょう。
家庭でお年寄りのために開発されたロボットも、やはり動物の動きを模倣し「これが本当にロボットなの」と思われるくらいスムーズに動くことが多いです。
これぞ、メカニマルの真骨頂といえるでしょう。
では、このメカニマルというのはいったいどの様なところから生まれたのでしょうか。

テレビで放送をされてから人気に

このメカニマルというのは、基本的に「機械工学」という分野のものになります。
このため、当初はこのメカニマルというものはその分野でのみ知られていたのです。
でも、テレビでこのメカニマルについて特集がされると驚くような反響があり、それが本当に支持されました。
メカが好きなひとからこのメカニマルは火が付き、今ではイベントでも積極的に展示が行われるようになりました。この様に、メカニマルというのは今ではおおくのひとから支持されている存在です。
とくに理系でロボット工学が好きな人には、このメカニマルは何よりも重要なものになるのではないでしょうか。
色々なバリエーションのメカニマルが発売されていますので、今後もどんなものが出てくるのかが楽しみですよね。

Comments are closed