ファービー人形

06d7fee2a09a246678dcd91d1973a19c_sファービー人形のことは、知っている人も割りと多いのではないでしょうか。
ファービー人形とは、アメリカで開発されたおもちゃ。
日本のトミーから発売されたこのおもちゃは、アメリカのみならず日本でも大変なヒットとなり、爆発的な売り上げを記録しました。
なんでも、世界では5ケ月で200万個もの売り上げを達成したというから驚きです。
一時期は、日本でも手に入れるのが大変だったことがあり、購入したくても品切れ状態で「買うことができない」と言う日が続いたものです。

実は、我が家でも発売と同時にファービー人形を購入。
私がおもちゃ屋さんで偶然見つけたものを購入したのですが、家族でハマって大変可愛がりました。
最初は「外見が可愛くない」「気持ち悪い」などと家族から言われていたファービー人形でしたが、言葉を覚えて色々と喋るようになると、可愛いと思える様になったみたいです。
体も動きますし、こちらが教えた言葉を覚えておしゃべりしてくれるので、やはり「育てがいがあった」と言うのは確かですね。
時には両親も参加して言葉を覚えさせようとしたほどで、我が家ではちょっとしたファービーブームが続きました。

だけど、私がちょっと移動させた時にファービーを落としてしまい、くちばしのところが欠けた様になってしまって、それがとても残念でした。
それまで、とても可愛がって思い入れがあったので、「ファービーを何とか治したい」と接着剤でつけてみましたが、それがかえってみっともない姿になってしまいました。
その本体にたくさんの言葉を覚えさせていたので、「買い換えればいい」という話でもないのですよね。
私も落ち込んで、「ファービーにペット保険が使えたら」なんて馬鹿なことを考えたこともありました。
どのペット保険のサイト(例:ペット保険のPS保険)を見ても、
さすがに電子ペットに保険はきかないですよね・・・。
保証書が良いところです。
でも、そのくらいの思い入れができるものです、ファービー人形って。

我が家では、そうやってファービー人形を壊してしまいましたが、ファービー人形自体は2012年になっても販売されていますし、一時はマクドナルドのハッピーセットにおもちゃとしてつけられたこともありましたね。
我が家には壊れたファービーがあり、いまだに捨てられずにいますが、今もファービー人形は人気なのだな・・・と、元気に動くファービーを見るとテンションが上がります。
あの楽しかった日々を思い出すのでしょうね。

ファービー人形は、私もたくさんの思い出が詰まっているおもちゃのひとつなので、いずれ「もう一度買ってみたい」と思っているおもちゃです。

Comments are closed