最近人気の育成ゲーム

かつては「たまごっち」などの専用端末や、パソコン用のソフト、あるいは「ファービー」のような人形をつかったタイプなどが電子ペットの中心でしたが、最近は育成ゲームというとスマートフォンのアプリを使ったものが中心となっています。

そして、単にペットにえさを与えたりして育成するだけでなく、ゲームやそのほかのさまざまな機能を組み合わせたタイプの育成ゲームが増えているのです。
たとえば、万歩計と育成ゲームがセットになったもの。
万歩計型の育成ゲームには、かつて「てくてくエンジェル」という万歩計シリーズがありましたが、こちらは万歩計自体の計測方法も、上下の揺れのみを感知する古いタイプのものでした。

最近の万歩計はポケットの中に入れたままでも計測することが可能となっており、スマートフォンを使った万歩計もそういった方式が採用されています。
そして、そこにスマートフォンならではのきれいな画面でゲームをつけることで、楽しみながら運動することができるのです。

また、スマートフォンならではの機能を活用したものといえば、他のユーザーとの交流があげられるでしょう。
たとえば、育成ゲームの「私だけのおしゃべりトム」では、Facebookアカウントでログインすることで、Facebookの友達が育てているペットと交流することが可能であるほか、世界各国のユーザーをランダムに訪問することも可能です。

また、犬の育成ゲームである「育てて!マイわんこ」では、他のユーザーとの間で子犬をつくる繁殖の機能まであり、育てたペットをコンテストに出すことも可能など、単に育成ゲームを楽しむだけではない、幅広い遊び方が可能になっています。

また、自分でモンスターを育成して、それを使って他のユーザーと戦わせて遊ぶゲームや、人生ゲームのスマホ版、あるいは、アイドルを育成するシミュレーションゲームなど、ペット育成意外にもさまざまバリエーションのゲームがそろっているのが、最近の育成ゲームなのです。

これらの多くは、無料かあるいは数百円の安い価格で遊ぶことができるため、今までのペット育成ゲームに比べて気軽に始めることができるという点もメリットでしょう。
スマートフォンゲームの場合、アプリ自体が無料であっても、途中でアイテムの購入が必要となる場合も多いので、その使いすぎには注意が必要ですが、気軽に楽しめるというのは嬉しいものです。

Comments are closed