スマホペットは課金する

電子ペットの最新事情に目を向けるにあたって、忘れてはならないのが、やはりスマートフォンのアプリではないでしょうか?
かつては「たまごっち」のように、専用の端末を使ったゲームであったり、あるいはパソコンゲームや携帯ゲーム機にソフトをセットして利用する方法が主流でした。
しかし、最近はゲームそのものが、そういったスタイルをとらなくなっているというのが現実なのです。

いままで家庭用の据え置き型ゲーム機で人気の高かったNintendoなどのメーカーは売れ行きが伸びなくなり、最近はそのかわりにスマートフォンのアプリを利用したゲームが人気を集めているそうです。
これらのゲームは有料の高価なゲームソフトを買わなくてもいいために、気軽に始められることで人気を集めています。
また、こういったスマートフォンなどを利用したゲームの場合、そのゲームの結果を友達に知らせたり、一緒にゲームをしたりといった機能が備え付けられていることが多く、そういったことも人気の要因のひとつとなっているようですね。

友達にゲームの結果を知らせたり、友達と強力してゲームを進めたり、あるいは友達とゲームで対戦したりといったゲームをするためには、周りの人が同じゲームをやっている必要があります。
そのため、ひとりのユーザーからゲームが広がりやすいという側面があり、そういったこともスマートフォンなどを利用したソーシャルゲームの広がりには役に立っているようです。

そして、そのようなゲームの世界の新しい動きは、ペット育成ゲームにも広がっています。
つまり、最近の育成ゲームというのは、スマートフォンを初めとしたアプリによって配信されていることが多いのです。
そして、これらのアプリによる育成ゲームは、その多くが無料であるか、あるいは数百円という安い値段で手に入れることのできるもの。
そして、そのような価格のやすいゲームを楽しむなかで、「アイテム」というものが必要となるのです。

このアイテムというのがくせ者なのです。
アイテムというのは、お金を払って購入しないといけない場合が多く、なおかつそのアイテムがないとゲームをすすめることができないという場合も多いのです。
つまり、無料でゲームを手にしておきながら、後からお金がかかるというのが最近の育成ゲームのスタイルなのです。

Comments are closed