smartpetDX

新感覚のペットコミュニケーションアプリ

smartpetDXはiTuneおよびGoogleStoreでダウンロードすることができる人気のアプリです。
もともと「smartpet」という名前でリリースされていたアプリなのですが、装いも新たに「smartpetDX」として登場したことで新しくユーザーを獲得しています。

アプリの概要は自分や知人の顔をカメラ機能を使って撮影をし、それを登録することで顔をペットとして加工することができるというものです。

初めて見る人は「?」と思うところですが、登録した顔はペットのように加工されるだけでなくその後会話ができるようになったりコミュニケーションを取れるようになります。

普通のペット育成系のゲームの場合あらかじめゲームのデザイナーが用意したキャラクターが動き回るようになっているものですが、このsmartpetDXにおいてはキャラクター設定から自分で行うことができます。

自分や知人の顔をしたペットを育成していくというシュールさが受け、現在までに沢山のユーザーが登録をしています。

加工は撮影した顔に犬の鼻と口を合成する形で行われるのでいわば「人面犬」のような状態になるのですが、加工方法がかなりしっかり作り込まれているのでシュールでありつつも可愛らしくまとめてくれます。

さらにシュールさを増すのが通の楽しみ方

そもそものコンセプトがシュールなアプリなので、より楽しむためには思い切った設定にするのがおすすめです。
smartpetDXになってからは音声もつくようになっており、男声・女声、低音・高音といったオプションから選ぶことができるようになっています。

それらの音声は合成ソフトで作られたものですが、発声に対して画面の表情が変わらないのでセリフによってはかなりシュールなシチュエーションを体験できます。

機械音声が苦手という人もその微妙な様子がだんだん癖になってくるので、最初の段階で諦めるのではなくしばらく使ってみることをおすすめしたいです。

より究極にこのアプリを楽しむなら、別売りの本体に接続するという方法もあります。
本体は犬の胴体部分をロボットにしたもので、頭部にスマホを設置することでペットとしてのリアリティを増すことができます。

アプリでは普通の育成ゲームでよくあるような餌付けや遊びなども行うこととなっているので、胴体を持って行動するようになるとますますシュールさが高まります。

このアプリ最大のポイントは、どんなに元がハンサム・美人であってもこのアプリにすることで微妙な気持ち悪さを生じることになるというところです。

キレイな人がキモくなってそれがまた可愛く感じられるという不思議な美的感覚の一周を体感することができるアプリです。

ハムスターライフ – 無料育成ゲーム

かわいいイラストのハムスターを育成するゲーム

育成ゲームの種類の中で、ありそうでないのがハムスター育成です。
キャラクターとしてのハムスターではなく、実際にハムスターを育成するような環境で育成ゲームをしていきたいと思ったことがある人もいるのではないかと思います。

そんなハムスターファンの人におすすめなのが「ハムスターライフ」で、無料でインストールをしてかなり実際の育成環境に近い状態でお気に入りのハムスターと生活していけます。

登場するハムスターはイラストで可愛らしくデザインされたものですが、育成環境はケージの中でステータスを見ながら細かくお世話をしていくことになります。

途中にはミニゲームもあり、それらをクリアしていくことで新しいハムスターをゲットできるチャンスが広がります。

飼育するハムスターの数が増えてくると、交配させて数を増やすということもできるので長く続けていくことでより愛着のあるハムスターたちを作っていけます。

ハムスターを飼ってみたいけれども集合住宅などで飼育ができないという人や、飼っているけれども増えすぎが怖くて子供を作らせられないという人にとってアプリで疑似体験できるのは大きな楽しみになります。

表情豊かなハムスターたちを集める楽しみ

アプリで登場するハムスターたちはいろいろな種類のものがおり、交配を重ねることでまた珍しい種類を誕生させることが可能です。

表情も豊かで行動パターンが可愛らしいので、特に何かをしなくても眺めているだけで癒やし効果があります。
餌をあげたり撫でてあげたりしていくことで好感度を高めることもできるので、慣れてくるとまたできる行動の範囲が広がります。

画面をダブルタップするとこちらに寄ってきたりと、飼育をしていくことで親しみが増していくということをそのまま体験できます。

ゲームを進めてポイントが溜まってくると、部屋を模様替えしたり家具を増やしたりといったこともできるようになります。

ガチャを回してコスチュームチェンジをすることもでき、やりこみをしていくことでさらに楽しみが大きくなるというところに特徴があります。

優良アプリとして通常のiTuneやGoogleStoreでのタウロードの他、いくつかのメディアやキャリアで取り上げられており、ユーザー数がかなりの数となっています。

アイテムやハムスターの種類をコンプリートするためにゲームを続けているという人も多くおり、他のユーザーと交流していくことでまた自分のケージ内を賑やかにしていけます。

ハムスターが増えてくると家族が増えたような喜びがありますので、ぜひやりこんで数が増える楽しみというのものを体感してもらいたいです。

Cthulhu Virtual Pet

キモかわいいクトゥルフちゃんを育てるゲーム

Cthulhu Virtual Pet(クトゥルフ・バーチャル・ペット)は、H・P・ラヴクラフトが1926年に発表した小説に登場するモンスターである「クトゥルフ」をモチーフにした育成ゲームです。

育成ゲームは数多くの種類がありますが、モンスターを育成するというものは少なくかなり個性的な仕上がりの異色ゲームと言えるでしょう。

クトゥルフ神話といえば今も熱烈なファンのいる、後塵のオカルト系・ファンタジー系・ホラー系作品に多大な影響を与えた話として知られています。

小説の中の描写によるとクトゥルフとは、全身に緑色の鱗があり、タコのような触手を持ち、コウモリのような羽を生やしているとされています。

かつては世界の支配者であったともされる生物なので決して可愛らしいとかそばに置いておきたいといったようなタイプではないのですが、それをあえてファン向けにゲームにしたというところに大きな意味があります。

Cthulhu Virtual Petのもう一つ面白い点が、スマホゲームでありながらあえて初代ゲームボーイのようなドット絵を採用しているというところです。

ですのでデモ画面だけを見るととてもスマホゲームとは思えないのですが、作り込みはかなり綿密に行われているらしいことが随所からうかがうことができ、製作者のクトゥルフへの愛が十分に感じられます。

クトゥルフを育成するというシュールさ

上記のことを読んでさっぱり意味がわからないという人はそもそもこのゲームには向いていないと言えます。
反対にクトゥルフについてよく知っており、ラヴクラフトの作品を愛している人にこそこのゲームをやって欲しいと思います。

もちろん現段階では全くクトゥルフについて知らない人でも、ゲームを通じて興味を持つという楽しみ方があります。

ゲーム内ではまず「クトゥルフちゃん」というタコによく似た生物が海の底にいる画面が登場するので、ステータスを見ながら世話をしていくことになります。

特徴的なのが餌は魚、トカゲ、人間の三種類であることや、呼び出すことができる召使がいるということです。
クトゥルフちゃんはお腹が減ると目の前の生き物をどんどん食べていってしまうので、召使を増やしていくためにも普段からきちんと餌を与えてあげなければいけません。

クトゥルフちゃんの幸福度を高めるためのイベントとして、食事以外にも街や船を襲ってみたり、信者に崇拝をさせたりといったこともあります。

リアルな描写でされたらかなりえげつないゲームではあるのですが、レトロな雰囲気と可愛らしい絵柄と演出で気軽に楽しむことができます。

原作を知っている人ならより楽しめる要素満載なので、未読の人はぜひ本編を読んでみることをおすすめします。